塩竈市は、杜の都「仙台」のほど近く、日本三景「松島」を望む風光明媚な歴史あるみなと街です。
塩竈の沖合には、世界三大漁場のひとつとして知られる「三陸沖漁場」があり、鮪をはじめ様々なお魚が塩竈の港に水揚げされます。
「三陸沖漁場」は、親潮(寒流)、黒潮(暖流)、津軽暖流がぶつかり合うことで、海の栄養が豊富になり、多様な海洋生物を育む世界で最も豊かな漁場です。
また、日本三景「松島」に浮ぶ浦戸諸島では、穏やかな海を活かし牡蠣や海苔等の養殖が盛んに行われ、みなとまち塩竈ならではの旬を彩っています。
塩竈の港の歴史は古く、国府多賀城の港として整備され、藩政時代には伊達家四代藩主綱村公の命により、商港として発展しました。明治になると東京と塩竈が鉄道で結ばれた事で、黄金時代を迎え、昭和4年、当時、東洋一とも称された魚市場が開設されると、ついに、日本屈指の漁港としても知られる様になりました。
現在、塩竈には「三陸沖漁場」で獲れた鮮魚等の地場ものばかりでなく、世界各地から様々な魚介類が集り、歴史に培われた職人技で多様な製品が生産され、皆様の食卓に届けられています。
古くから、交通・交易の要所として、そして、世界三大漁場「三陸沖漁場」の水揚げ港として発展して来た三陸塩竈。
この恵まれた地の利を生かし、これからも、ここ三陸塩竈で、まごころ込めて作った新鮮な海の味覚を、全国の皆様へお届けしてまいります。




三陸沖では、暖流と寒流がぶつかり合う事で、植物プランクトンが爆発的に増え、それを求めて、動物ブランクトンも増えます。その動物プランクトンを餌とするイワシ等の小魚が集り、その小魚を追い、マグロ等の大型魚がやって来ます。こうして、世界で最も豊かな漁場「三陸沖漁場」が形成されています。
   



仙台都市圏に位置する塩竈市は、交通の便に恵まれおり、その販売網は全国へ向けられています。